鳥の円

シパンの王墓にあった黄金の立体ビーズ(直径 8 cm)の意匠。底面に施されているため、ビーズを分解して蜘蛛など上部のパーツを取り除かないと見えない。そんな部分にこんな細工をするんだから、モチェ文化恐るべし。曲率以外はオリジナルのまま。この意匠の存在は忘れていたので、今度Tシャツでリバイバルしよう。

発表時期 2004年8月

国  籍 ペルー

由  来 シパン(モチェ)

モチェはAD 0~700年ごろにペルー北部海岸で栄えた文化圏。立体造形に優れ、黄金をはじめ数々の美しい工芸品を残した。大きくて水の豊かな川から用水路を引いて、砂漠を農地に変えていった。つまり、「灌漑農業」を積極的に行う農業先進国だったらしい。