カタツムリ

天野博物館の図案より拝借。オリジナルのまま。写実的なモチェにしては珍しく「かわいい」図案だ。目玉はくりくりだし触覚の先についてるわけじゃないし。よく考えてみると、丸い殻の後ろ(図案でいうと渦巻きの左側)に何かつながっているのも妙だ、ヤドカリの巻貝じゃないんだから。ぱっと見て「カタツムリだな」とわかるものの、細部が少しずつおかしいのがおかしい(笑)。

発表時期 2014年8月

国  籍 ペルー

由  来 モチェ

モチェはAD 0~700年ごろにペルー北部海岸で栄えた文化圏。立体造形に優れ、黄金をはじめ数々の美しい工芸品を残した。大きくて水の豊かな川から用水路を引いて、砂漠を農地に変えていった。つまり、「灌漑農業」を積極的に行う農業先進国だったらしい。