狐の戦士

同じく鐙型土器の造形より、丸いツボ部分の上についていた装飾のみをトレス。擬人化されたキツネで、兜をかぶり、耳飾りをつけた姿は、太陽神の家来として仕える戦士を表すそうだ。耳が見えないせいか、「狐だ」って言われないとわからないのは私だけ?

発表時期 2018年11月

国  籍 ペルー

由  来 モチェ

モチェはAD 0~700年ごろにペルー北部海岸で栄えた文化圏。立体造形に優れ、黄金をはじめ数々の美しい工芸品を残した。大きくて水の豊かな川から用水路を引いて、砂漠を農地に変えていった。つまり、「灌漑農業」を積極的に行う農業先進国だったらしい。