ナスカの唐辛子

天野博物館の図案集より拝借。今回は唐辛子らしい図案をとりあげた(同時にとりあげた「豆」や「ルクマ」が「見ても何なんだかわからない」と云われたため、残りは「一目見てわかる図案」を選んだ)。唐辛子もナスカの人々にとって重要な作物であり、図案も複数種類が残っている。現代と同じように、香辛料や防腐剤として重宝されたのだろう。

発表時期 2015年12月

国  籍 ペルー

由  来 ナスカ

ナスカはBC 200~AD 600年ごろに、ペルー南部海岸の砂漠地帯(5 mmの雨が降れば豪雨扱い)で栄えた文化。地上絵が圧倒的に有名だが、土器や織物にも面白いものが多い。特に土器は、スリップ(泥醤)をかけた上に絵を付けて焼成する様式で、色彩豊かに不思議な図像で埋め尽くされた作品が目立つ。